社会人もイギリス留学して自分を磨こう

社会人になるとなかなか時間的制約などで留学をしにくい環境ではあります。しかし、社会人だからこそ、イギリス留学をして自分磨きができるものです。社会に出ると日本にいる場合であっても英語を使う場面というのは出てくるものです。

たとえば、顧客先が外資系企業の場合、英語でメールや文書のやりとりをすることが出てきます。そんなときに英語をいちいち日本語に変換して対応するのは時間が2倍かかり、仕事の効率も落ちてきます。そうならないように英語を英語のまま理解してコミュニケーションをとれるようにするためには、自分を強制的に英語しか使えない環境におくべきです。

そのためにイギリス留学を通してスキルアップ、自分磨きができるのです。日本では大学を卒業してから社会人になるとたいていの人はそこで、よほどのことがない限り仕事をしていきます。中には転職をしてスキルアップを図る人もいますが、日本の場合は、転職したからといって即前職までの経験を踏まえた仕事ができるとは限りません。

外国では大学を出て社会人になってもそこで数年仕事をして退職して留学をする人がいるのは普通にあります。卒業後にする仕事で留学のための資金を貯めるのです。日本でもこのように社会に出ても留学しやすい環境を作っている会社は、少数ながらあります。このような制度がもっと拡充されれば、社会人でもワーキングホリデーする人は今まで以上に出てくるだろうし、それを期待している人は多いでしょう。